その子の読んでいる本はどの頁も真っ白だった。不思議に思ってどんな話か聞いてみると、「竜と旅する話だよ」と本に視線を落としたままあらすじを教えてくれる。「だけどパパが星になってここから先が分らないの。ねえ読んでくれない?」盲目の少年の笑顔に誘われ、僕は物語を紡ぐ。#twnvday

73 人が投票しました
投票は締めきりました