『田中くん』。ままある名だしクラスも違うからよく知らない。別段目立つ訳でもない。なのに。やたらと私は彼に会う。運命かもしれない、そう思うと更に彼は視界に飛び込んでくる。親友に相談してみようか。『あのね、田中くんっているでしょ?』『あーあの三つ子の?』 #twnovel

50 人が投票しました
投票は締めきりました