おはようございます。ご主人さま。執事ロボットは恭しく礼をする。すぐに朝食を持って参ります。コーヒーとトーストをトレイにのせて戻るとすでに主の姿は消えていた。執事ロボットはトレイを食卓に置き、古びた映写機を直しはじめる。もし直らなければ彼は一人きりになってしまう。 #twnovel

26 人が投票しました
投票は締めきりました